リーマンショック時に中小企業へ計6兆円の貸出を実現 (2008.11)

中小企業の倒産を防ぎたい!

2008年サブプライム住宅ローン危機に端を発した、世界経済は混乱し、急激な資源高と景気減速のあおりを受け、資金難の中小・零細企業が多数ありました。

 

2008年10月、中小零細企業の倒産を防ぐ為、「中小企業倒産防止の有志議員の会」を発足。

中小・零細企業の資金支援の必要性を訴え、国会議員70名の署名を添えて、河村建夫官房長官(当時)をはじめ

各大臣へ要請。「政府保証による貸付」や「融資の具体的内容」を提案しました。

 

そして、河村建夫官房長官(当時)の尽力で、麻生総理の就任所信表明演説に「中小零細企業へ最大限の支援」が盛り込まれました。

 

中小零細企業への貸出を国(保証協会)の保証100%で実現し、最終的に総額6兆円の貸出を実現させました。

 

●緊急保証制度

①国の保証100%での貸し出し

②対象業種は 545 業種

③融資の上限は8,000万円上乗せで、合計1億6,000万円に

④担保がある場合には、さらに2億円の融資追加

 

●保証・融資審査について

・貸し渋りしないよう金融審査の基本方針を提示

・金融機関に貸出条件の配慮を要請


二階俊博 経済産業大臣(当時)へ要請。

河村建夫 官房長官(当時) へ要請。

「企業の97%を占める中小企業への『貸し渋り』『貸しはがし』による倒産を避けたいのです」とし、河村官房長官は「麻生総理(当時)も心配している。今から緊急経済対策で打ち合わせる。」と約束。

中小企業倒産防止の有志議員の会 発足

麻生太郎総理大臣の総理就任の所信表明に「中小零細企業に全力をつくす」との言葉が入り、実現。