中森ふくよの経歴

生い立ち

 

1949(昭和24)年、東京都荒川区尾久で出生。

東京都立赤羽商業高等学校卒業。

 

実父・中森巌太郎は実業家(元・浦和ケーブルテレビネットワーク代表取締役、浦和市商店街連合会会長、埼玉県商店会連合会会長)。

 

祖父母、父母、叔父、従兄弟の大家族の中で育った。

 

 

◉祖母は伊勢神宮の小宮司の娘で、虎ノ門女学館に通う為上京。

西園寺公望や頭山満、宮崎滔天とも親交が深かったと聞いている。

  

◉中国革命の「孫文」が日本で所在不明だった約1年間、荒川区の祖母宅と祖父の実家である群馬・渋川の神保家に匿っていた。

その縁から現在も中国要人と交流が続いている。 

 

 

1968年  ニチメン株式会社 (現:双日株式会社)に入社

 

1972年~ 父・中森巖太郎の浦和移転に伴い、秘書として活動

 

1994年~ ショッピングセンター武蔵浦和駅南ビル「マーレ」の経営に参画。


東北新幹線(盛岡 ~ 東京)・埼京線の開通に尽力 (1972年4月~1985年9月)

 

1972(昭和47)年、当時国鉄(現:JR)は、東京駅を起点に東北新幹線の開通を目指していたが、高架化による騒音やテレビ電波への悪影響等を憂慮した沿線住民・市議会の猛反対を受けていた。

 

父・中森巌太郎に対応の依頼があり、引き受けるにあたって、沿線住民へのメリットとして通勤新線(現:埼京線)を併設する事を提案。

1976年より東北新幹線建設賛成運動に参画し、新幹線建設に伴う通勤新線(埼京線)の併設や武蔵浦和駅設置など、父・巌太郎とともに活動する。

 

交通至便と合せて、問題なっていた水害や騒音へ対策を講じることを前提とし、賛成多数に逆転させ東北新幹線開通に貢献した。

 

 

1985(昭和60)年、東北新幹線の上野駅までの開通と同時に、埼京線の開業を実現させた。


地域の治水問題の解決 “防災”の治水対策 (1977年~)

 

かつて武蔵浦和駅周辺は、雨が降ると50㎝を越える冠水が度々あった。

 

そこで、新幹線建設推進運動展開の中、父と共に国と折衝を行い、

周辺住民や県に負担を掛けずに笹目川脇の道路下に土管を埋め込む対策を講じた。

 

以来、武蔵浦和駅周辺の道路が冠水することはなくなった。

整備された笹目川周辺の現在の様子


新幹線の電波障害対策として 受信組合を設立 (1984年4月~1998年4月)

父・中森巖太郎の秘書として、新幹線通過に伴う電波妨害の解消のための浦和ケーブルテレビネットワーク(現:ジェイコム埼玉・東日本)を設立。

大型のパラボラアンテナを設置し、家庭ごとの小型パラボラアンテナ設置を不要とした。

1,000円でBS見放題など当時としては画期的なTV発信を行った他、「住民間でのTV画像会議」等を実現する為のCATV活用も目的とした。

 

現在は、全国有数のケーブルテレビ会社に発展している。

大型パラボラアンテナ設置