小笠原諸島の安全を目指して

・日本の領海の30%は、小笠原諸島があることで確保できています。

 とても重要な島だと考えます。

・救急患者を空路でスムーズに本土に到着させることも大変重要です。

 (現在は患者側が自衛隊の発動を遠慮してしまい、助からないこともあるのです)

1.海上保安体制の強化

小笠原諸島周辺海域では近年、外国船によるサンゴ密漁の違法操業が相次ぎました。

巡視船が配備されていなかった小笠原では、監視取締艇だけでは対応が追いつかず、有事に即応できない状態が続いています。 

現在ある唯一の巡視艇。保安員数人しか乗ることができません。

PS型巡視船(3階建て)の小笠原諸島への配備が決定しました。

(画像は同型機で、実際に配備される船とは形状やデザインなどが異なります。)

 

小笠原の人員増強と巡視船配備

 

2014年・2015年では、小笠原諸島振興開発審議会において、保安体制の強化として、「日本の巡視船は左の写真のように小さく、数名で対応しているので、大幅な増員と大型船の配備」を要請しました。

 

2016年にも同様の意見を強くお願いしました。

結果、小笠原海上保安署の強化が実施され、4名だった保安要員が6名に増員の決定がされましたが、前回と同様「大幅な増員と大型船の配備」を強く要請しました。

 

2016年には他国によるサンゴの密漁がなされる。

 

 

2017年に、PS型巡視船(3階建て)の配備が決定しました。

 

また、巡視船に乗船する15人前後を加えた20人前後を収容できる宿舎を整備することが決定しました。


2.小笠原諸島の空路設置へ(2019.6)

2019年6月に、国会で「生活用としての空路」の決定がなされました。

稲田防衛大臣(当時)へ陳情

 

 

空路の設置は防災の観点とともに、日本の安全上も重要であること、

稲田防衛大臣(当時)に早期実現をお願いしました。


小笠原村の森下一男村長は、安心安全のための空路設置に向け

尽力されています。

 

東京都議会議員の先生方には、二階俊博先生より協力を依頼をして下さいました。

「国土交通省 小笠原諸島振興開発審議会」において2013年7月より、

災害発生に対応できるよう、防災用飛行機の設置を一貫して訴えてきました。

 

災害時には20mの津波が来ることも予想されております。

 

空路の設置により救助の対応が早くなり、防災に役立つようになります。

 

 

小笠原諸島開発審議会にて取り挙げて頂き、

空路設置の道が開けました。


国土交通省ホームページ

 

国土交通省 国土政策局 奄美・小笠原振興開発ページ

http://www.mlit.go.jp/kokudoseisaku/chitok/index.html

国土交通省 小笠原諸島振興開発審議会ページ

http://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/s501_ogasawara01.html