中森ふくよの経歴

衆議院議員として

(2005年9月~2009年5月 自由民主党 比例北関東ブロック単独)

リーマン ショックで 、6 兆円の無担保無保証 貸出しを実現

 

2008年10月、中小零細企業の倒産を防ぐ為、「中小企業倒産防止の有志議員の会 」を発足させた。

国会議員70名の署名を添え、各大臣、河村建夫官房長官(当時)へ要請。

麻生太郎総理大臣の総理就任の所信表明に 「中小零細企業に全力をつくす 」 との言葉が入り、実現した。


二階俊博 経済産業大臣(当時)へ要請。

河村建夫 官房長官(当時) へ要請。

「企業の97%を占める中小企業への『貸し渋り』『貸しはがし』による倒産を避けたいのです」とし、河村官房長官は「麻生総理(当時)も心配している。今から緊急経済対策で打ち合わせる。」と約束。

中小企業倒産防止の有志議員の会 発足

麻生太郎総理大臣の総理就任の所信表明に「中小零細企業に全力をつくす」との言葉が入り、実現。


ゴミ削減 年間1,000万t を実現

コンビニでは 、弁当等の食品が  “一定の時間経過で廃棄するシステム” であった。

まだ賞味期限が残っている安全な食品は、低価格で販売し、

“廃棄ゴミとすることなく、食してもらいたい” と「もったいない運動」を展開。

2008年6月、コンビニ各社の了解で、コンビニだけで年間約 1,000万tの

廃棄ゴミ削減を実現した。